HOME > お役立ち情報 > 用語集

用語集

さ行

サラ金(さらきん)
サラ金とは、サラリーマン金融の略称で、一般にいう消費者金融のことをいいます。 担保・保証なしで小口の資金が借りられますが、比較的銀行よりも金利が高めなのが特徴です。
残高スライドリボルビング方式(ざんだかすらいどりぼるびんぐほうしき)
残高スライドリボルビング方式とは、リボルビング払いの一種で、借入残高に応じて段階的に返済定額または定率が変動する返済方式のことをいいます。
実質年率(じっしつねんりつ)
実質年率とは、支払利息以外の全ての支払い(手数料や印紙代など)の合計額を年間の金利で表したものをいいます。消費者金融会社は、金利を実質年率で表示するよう定められています。
出資法(しゅっしほう)
出資法とは、出資金の受入れ、預り金、金利などについて定めた法律のことをいいます。 出資法の上限金利は29.2%と定められており、これ以上の金利を取ると、法律的に罰せられることになっています。
上限金利(じょうげんきんり)
上限金利とは、法律で定められている金利水準の上限のことをいいます。
利息制限法では、融資金額により上限金利を定めており、10万円未満は年20%、10万円以上100万円未満は年18%、100万円以上は年15%となっています。出資法では、年29.2%以下と定められています。

このページのトップへ戻る